ALMEC VPI Planning and Management Consultant
喪章
ダッカでのレストラン襲撃テロ事件について

 バングラデシュの首都ダッカで7月1日午後9時半ころ(日本時間2日午前0時半ころ)に発生したレストラン襲撃事件により、ダッカ滞在中の弊社社員3名の尊い生命が奪われ、1名が重傷を負いました。誠に痛恨の極みであり、深い悲しみと強い憤りを禁じ得ません。
 亡くなった3名は、いずれも専門的知識・技術を活かし、意欲に燃えて、現地の交通インフラ整備支援に携わっていました。その高邁な志半ばで尊い生命を奪われたことを思うと、大変残念でなりません。今般の事件により犠牲となった皆様のご冥福をお祈りするとともに、残されたご家族様には謹んでお悔やみ申し上げます。
 また、今回の事件で重傷を負った社員につきましては、一日も早い快復をお祈りするとともに、弊社としましても最大限の支援をいたす所存です。
 私たちは、この痛ましい事件を受けて、今後の海外における都市・社会経済インフラ開発の支援事業において、政府・関係省庁や関連団体のご指導やご協力を仰ぎながら、社員や関係者の安全確保について万全の対策を図ってまいる所存です。社員一同、犠牲となった社員の志を深く胸に刻み、この苦難を乗り越えて今後も途上国の支援事業を進めてまいります。

株式会社アルメックVPI 代表取締役
長山 勝英

トップページへ