ALMEC VPI / Planning & Management Consultant

国内の業務

08地区及び施設開発に伴う交通計画

  • 道路・交差点計画
  • 駅前広場計画
  • 公園計画
  • 自動車/自転車・バイク駐車場計画
  • 自転車走行空間計画

 社会資本は整備効果が長期に及びますが、その間の社会経済や人口構造の変化により、使われ方も変わります。可能な限り将来需要を想定するとともに、環境や地域活性化、安全性・快適性への配慮、利用者意見の反映、新技術の活用などを踏まえ、質の高い施設計画・設計に取り組みます。

左:整備計画案【図】 右:整備後の駅前広場【写真】
左:懇談会を踏まえた計画案 右:整備後の駅前広場

自由が丘駅前広場の整備

 目黒区最大の広域的商業拠点であり、文化性・ファッション性の高いイメージのまち自由が丘。その玄関口にあたる駅前広場が平成23年に再整備されました。
再整備にあたっては、当社がともに関わった「トランジットモール・歩行者空間創出実験」や「交通バリアフリー基本構想」などを踏まえ、車から歩行者重視の空間とすることをめざし検討が進められました。
2年間に渡る地元懇談会による検討を経て、待ち合わせやイベントスペースともなる歩行者広場の確保、歩道幅の拡張、効率的な車両動線の確保、全体的なバリアフリー化・景観向上など、限られた空間の中で質の高い駅前広場へと生まれ変わりました。

提供するサービス

  • 現況調査と需要予測
  • 利用者意向の把握
  • 施設のレイアウト
  • 模型による事前検証
  • 歴史や地域行事、景観への配慮
  • 交通管理者協議(警視庁)