ALMEC VPI / Planning & Management Consultant

国内の業務

09事業評価

  • 公共事業新規採択時評価
  • 公共事業再評価
  • 公共事業事後評価
  • 費用対効果分析

 事業評価により、事業の実施の是非、各事業の優先性などの判断、よりよい改善を行うことは、事業への合意性や適格性を高め、財政的にも大きな意義があり、効率的かつ効果的に事業を推進することができます。費用対効果分析を含めた評価手法のもとで評価を実施します。

街路事業の費用便益分析における交通量推計【図】 1.計画道路整備無しの交通量推計 2.計画道路整備有りの交通量推計
街路事業の費用便益分析における交通量推計

費用便益分析

事業評価にあたっては、原則として費用便益分析を行い、事業の投資効率性を評価します。費用便益分析の評価指標としては、一般的に純現在価値(NPV)、費用便益比(CBR[B/C])、経済的内部収益率(EIRR)が用いられています。
当社はこれまでに、土地区画整理事業、都市公園事業、街路事業・道路事業、交通結節点(駅前広場、自由通路など)の整備に係わる評価を、各事業分野における費用便益分析のためのマニュアル等に基づいて実施しています。このほか、都市再生整備計画事業(旧まちづくり交付金事業)における、事前評価、事後評価なども実施しています。

提供するサービス

  • 交通量調査
  • 交通量推計
  • 費用便益比(B/C)
  • ヘドニック・アプローチ
  • 客観的評価指標
  • 感度分析